一筋縄では行きません

FX投資初めての方が為替相場の勘所を理解するには、取引を重ねていく事が大事です。

 

特に、あらかじめ危険を察知できるようにするためにはポカを積み重ねることも経験のひとつです。

 

ただし、マイナスになるといってもやり直しが効かないほど致命的な失敗をしてはいけない。

 

小さいケアレスミスを何度か実践する事が自らの経験値を高めてくれるはずだ。

 

れを考えると、とりあえずは少額で売買を行いこれによって何度か取り返しが付くミスをすることを推奨します。

 

一例として、100万円だけしか資金がない場面で、はじめから一銭も残さないで投入して取引すると、負けた時、その後再起できなくなってしまう怖さがあります。

 

そのため、10万円ずつ注文してここで売買を重ねた方が失敗を対応する手段なども習得するはずです。

 

まず最初に少額で売買する事の長所は先ほど書いたように、あなたの経験値を高め損を避ける方策を身につけることにあるがそれと合わせて、取引の回数を増やすことによって、偶然を小さくできるという良い点もあります。

 

たとえば、取引で勝てる可能性が50%とします。

 

言い換えると、同じく二分の一の確率で損する危険性もあります。

 

勝率50%ということは五分五分の割合で利益が出る事を示しています。

 

だが、全部の資金をつぎ込んで1回だけの売買をするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

それではただ1度の賭け事と同じです。

 

言い換えれば、全ての資金を投入して1度だけしか勝負しないとこれだけでは大損する比率が高くなります。

 

だからこそ、投資するお金を1度にすべて賭けるのではなく何度かに分けて投資回数を増やす事がリスク分散となります。

 

また少しずつ分けたとしても、全部に勝つ事は大切ではありません。

 

というか、勝利できないのが現実です。

 

勝負で必要なのは、勝利回数ではなく、いくら儲けるかです。

 

勝率5割でも勝率3割でも利益を上げる事が出来ます。

 

それ以上負けてもその収益が少なければ3割の勝ちのプラスの大きさだけで十分に利益を上げられます。

 

そのために必要な事は、損を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。

 

損益が出たら素早く損切りしそれとは反対に利益を上げられる時は上手に稼ぐ事が、外為取引の経験の浅い方が為替で成功する神髄です。