リアルな数値を確認しよう

「スプレッド」とはFXは通貨を取引して差益を狙う投資です。

 

売買の注文の値は四六時中変化しています。

 

それが為替レートです。

 

テレビを見ていると、情報が流れるケースがあります。

 

たとえば、「現在のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表しています。

 

すなわち、外為取引には買値と売値の両方の値が存在します。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表示している取引会社もあります。

 

一般的に売値のほうが買値よりも低い値段に決められています。

 

私達が買値は高く、売値は安くなります。

 

この差額をスプレッドといい、会社の稼ぎといわれています。

 

スプレッドは業者によって異なります。

 

スプレッドの狭さはみなさんにとって出費になるので、狭いFX業者を選択するほうが有利になります。

 

ただし、同じFX業者でも状況に応じてスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

 

もし平常時はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドであるとしても、相場の上下がとても大きい場面では3銭、4銭になったりするのです。

 

そのため、スプレッドの幅が狭いのと同様に、変化が少ないのが大事です。

http://www.warakuan.jp/

近頃では変化しないスプレッドを提示するFX取引会社も存在しています。

 

リアルに業者の取引画面上でリアルなマーケットを見て確認しなければ判別できないのでやっかいですが、肝心な事です。

 

貴重な投資資金を投じて売買しますので、本当のトレードの前に、気になる会社の取引するための口座開設を積極的にして、示されているスプレッドを見ておきましょう。

 

同じペアでもその瞬間の相場の変動率によって外貨のスプレッドの広さは変わることがあります。

 

いつもはインターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッドの広さが小さく、この他のペアではスプレッド幅が大きくなる事があります。