凸凹した背中を造りたい!

広背筋の後は脊柱起立筋と僧帽筋のトレーニングをおこないました。 スミスマシンで脊柱起立筋を鍛えるトップサイドデットリフトをおこないました。最近は背骨にアーチを作るストレッチをおこなっており効果も見えてきたので腰に負担がかかる心配もなくできました。以前はトップサイドデットリフト等の状態を前傾させるトレーニングで上半身が地面と平行になると腰から背骨が曲がっていたので危険を感じて休めておきました。 続いてもスミスマシンを使用し僧帽筋を鍛えるバーベルシュラッグをおこないました。最近は僧帽筋を鍛えるシュラッグしかしていなかったので今回は中部・下部を鍛えられるように少し状態を前傾しておこないました。状態を前傾してシュラッグをおこなうと肩甲骨が内転し下制できるので鍛える事が出来ます。ついでに肩甲骨を寄せる役割を持つ菱形筋もきたえられます。 前傾してのシュラッグと上部を鍛えるビハインドシュラッグを交互におこなうスーパーセットで組み合計12セットやりました。 車買取なら最後の車査定